ハードコンタクトレンズ

ハードレンズは黒目よりも少し直径が小さく、硬いレンズです。慣れるまで少し時間がかかりますが、乱視の人に関しては、矯正効果が高いのでソフトレンズよりもハードレンズが向いています。レンズが硬いので痛いのではないか?とか、装着していると違和感を覚えるのではないか?というイメージがあります。しかし慣れてしまえば、意外と使いやすく、耐久性にも優れているなどメリットはあります。

ハードレンズを付ける時も、基本的な付け方はソフトレンズと同じです。慣れるまでは鏡を見ながらやるとスムーズに行きます。鏡を見ながら付ける時は、正面を向いていないと黒目がズレるので上目づかいになると上手く装着できません。外す時は目尻を少し上に引っ張りながら、瞬きをすれば外れます。ただしこの時レンズが下に落ちるので、手やタオルなどを添えて落下を防ぎます。

ハードレンズはソフトレンズに比べて、雑菌やカビの繁殖は起こりにくいですが、使用期限によっては、タンパク汚れを落とす洗浄液が必要です。ハードレンズのケアにはハードレンズ用の洗浄液が必要になります。また、現在は1dayタイプのハードレンズはありません。ハードは使い捨てではないので、毎回外したら洗浄と消毒をし、専用ケースで保管します。フォーチュンコンタクト